creditcard_visa.jpg見えない歯列矯正「インビザライン立川」 creditcard_master.jpgcreditcard_jcb.jpgcreditcard_amex.jpgcreditcard_uc.jpgcreditcard_dc.jpg

麻酔のショックについて3



こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

11月は木曜日を午後のみの診療とさせていただいておりますが、
12月も症例検討会、他院への出張オペ等が重なっておりますので、木曜日の診療を
15:00〜21:00までとさせていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。


さて、今日は麻酔のショック3回目

今日は血管収縮薬の過剰反応についてお話しします。

一般的に歯科の局所麻酔で使われている薬剤には
血管収縮薬が含まれています。

これは、少ない量で麻酔の効果を最大限に発揮するため、
麻酔の作用時間を長くするため、止血効果を期待する。

などの目的で入っています。

しかし、この血管収縮薬の過剰反応が出ると
ショック症状を引き起こす可能性があります。

症状としては
頻脈、不整脈、動悸、血圧上昇、めまい、頭痛などが挙げられます。

基本的にはこの血管収縮薬の効果はそんなに長くないため、少し休息を取れば落ち着
くことが多いです。

しかし、全身疾患を持っている人
高血圧、糖尿病、甲状腺機能亢進症、動脈硬化、心不全、精神疾患の薬を服用中
これらの人は、ショック症状が増悪する恐れがあります。

歯科受診時に問診票などに書く欄があると思います。

歯には関係ないから
書くのがメンドクサイから
病気を人に知られたくない

等の理由で、問診票に記入しないと
このような症状が起きたときに的確な対処が出来ない場合があります。


治療前にしっかりと申告することをお勧めします。

麻酔のショックについてその2



こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

前回は比較的多い「デンタルショック」についてお話ししました。

今日は第二回!

過換気症候群についてお話しします。

これは俗にいう「過呼吸」ですね!

過呼吸になる人は圧倒的に若い女の人が多いです。

原因はやはり、治療に対する恐怖と不安
息が苦しくなってくると、その不安は増大していき
パニックに陥ることも…

そもそも過換気症候群って何でなるのでしょうか?

呼吸とは二酸化炭素を吐き出し、酸素を取り入れることですよね!

過呼吸は呼吸することが多すぎるため、体内の二酸化炭素が減ります。

ん?

酸素沢山で何で苦しいの?

それは、酸素を運ぶ役割をするのが
赤血球です。

実は赤血球、二酸化炭素とくっついている
赤血球しか、酸素を取り込むことが出来ないんです。

例えて言えば
ゴミを持っている人は
ゴミを捨てて、荷物に持ち変えることが出来ます。

でも、荷物を持っている人は、その荷物を
捨てるわけにはいかないので、これ以上荷物を持てないんですね!

身体の中に、酸素とくっついている赤血球が多くなると
せっかく入ってきた酸素は運んでもらえないので
息が苦しくなり、呼吸できなくなる
というシステムです。

分かりにくいかな?

なので、対処法はペーパーバック法といわれる方法です。

小さい袋を口に当て、
自分が吐き出した二酸化炭素をもう一度吸うことにより
体内の二酸化炭素濃度をあげ、呼吸を正常に戻します。

歯科治療時だけでなく
電車の中や、街中でもたまに見かけます。

気が付いたらぜひ、持っているコンビニの袋とかでいいので差し出してあげてくださ
い。

不安が増大すると症状は悪化してしまいますので
声を掛けてあげてくださいね!

ところで、何でペーパーバックなんだろ?

あ!
ビニール袋だと
深夜の公園でアウトローな感じの人がやってた光景に似てるから?(笑)

これわかる人多分30代後半以降の人達ですよね…(笑)


すみませんでした!(笑)





立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

麻酔のショックについて



こんにちは
立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

先日、ブログのコメントにて麻酔のショックについて
質問がありましたので、そのお話しをしたいと思います。

歯科治療中に起こり得るショックとしては次のようなものがあげられます。

・神経性ショック
・過換気症候群
・アナフィラキシーショック
・局所麻酔中毒
・血管収縮薬過剰反応

元々、何かしらの病気を持っている人で
注意が必要な病気は
・高血圧症
・虚血性心疾患
・気管支喘息
・糖尿病

今日はこれらの中で最も高頻度に見られる
神経性ショックについてお話しします。


神経性ショックとは
脳貧血や疼痛性ショック、デンタルショックなどとも呼ばれ、
歯科の治療中のショックとしては;最も頻度が高いものです。
持病等に関係なく、誰にでも起こりうるショックです。

ショックの原理としては
歯科治療に対する恐怖、不安、不信感などがある状態で麻酔をすると、刺入による痛
みが引き金となり急激に血圧が上がります。

すると、人間の身体は血圧を下げようとする働きが起きます。
血圧を下げるための迷走神経が緊張状態になると、急激に血圧が下がり貧血のような
症状を起こします。


気分が悪くなり、顔面蒼白になり、冷や汗や吐き気意識喪失まで行く場合も…


軽度の場合は何もせずに横になっているだけで回復する場合が多いです。
意識喪失を起こした場合は薬剤投与などが必要な場合もあります。


このショックの予防策は怖がらない事!!(笑)


治療に対しての恐怖心が強くあまり体調がすぐれないときなどに起こりやすいので処
置前に医師と十分にコミュニケーションをとり不安を解消してから治療に臨むことが
一番効果的だともいます。

でも、麻酔を打つ前ってどうしても怖いですよね…

そこで、どうしても恐怖心が強く出てしまう人に誰でもできる予防策!


それは呼吸法!


実は、人間は息を止めると血圧が上がります!

このショックの原因は血圧が急激に上がることなので
麻酔を受ける際に、

息を止めない、

力を入れない!

この二つを意識してやると血圧上昇を軽減できると思います!

あと、力を入れると麻酔注射は痛く感じます!

唇や頬の力を抜いてびょーんって伸びるくらい力を抜くと痛みは感じにくいですよ!
実践してみて下さいね!




立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

歯ぎしりについて

image/tachikawahaisha-2014-11-13T23:08:06-1.png

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。


僕は携帯はドコモ一筋18年なのですが
先日、iコンシェルという
勝手に情報が上がってくる物の中に
歯ぎしりについての話が載っていました。







基本的には、以前僕がブログで書いた内容とほとんど
変わらないのですが、少し分かりやすく書いてあったので
要約して記事にしたいと思います。



歯ぎしりの分類
1、グラインディング
上下の歯を擦り合わせるように動かすため
ギリギリという音がする

2、タッピング
擦り合わさないで、物を咬むときのように
上下の歯を閉じて音を鳴らすため
カチカチという音がする

3、クレンチング
歯を咬みあわせて強く食いしばる状態
音はしないが、歯ぎしりの一種


歯ぎしりの問題は音ではなく
歯の寿命を縮めてしまうことが一番の問題

就寝中は咬む力をコントロールするリミッターが外れてしまうため、意識がある状態
で咬むときに比べて何倍もの力で噛みしめたり
顎が外れるくらい大きく左右に動かすこともあります。


歯ぎしりで起こりやすいトラブル



知覚過敏
歯の破折
歯周病の悪化
歯の動揺
楔状のすり減り
歯の磨耗

これらのトラブルが起こる可能性があります


歯ぎしりから歯を守る方法

軽度であれば咬み合わせの調整
重度であれば就寝時に歯を守るプレートの作成
定期検診などでチェックして調整を繰り返すことが一番効果的


こんな内容でした。

このようなツールにも歯の関連の情報が
流れることとても嬉しく思います。

このような事がきっかけで
少しづつでも、皆さんの歯に関する興味、知識が
向上してくれたらな〜と思っています。





立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

口の中の出来物について2

image/tachikawahaisha-2014-11-12T00:42:47-1.jpg

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

11月に入った途端、一気に忙しくなりました!

診療以外でやらなくてはいけない事が多く
バタバタしています。

早めに落ち着かせて診療に専念したいと思います!

さて、今日はエプーリスについて!

歯茎に歯肉と同じ色の出来物が出来た…

痛くない、けど、舌で触ると気になる。

そのような事を訴えて受診される方が多いです。

歯茎や、舌にキノコの様な物が生えてきた感じの
出来物をエプーリスといいます。

これは実は病名ではありません。

見た目の診断名を言います。



原因は、炎症が原因の物、腫瘍、その他の3つに分類することが出来ます。

このエプーリス

治療は切除ですが、原因が様々なため
病理組織検査に出さなくてはなりません!

このような状態の場合は、口腔外科への紹介が必要になってきます。

ただ、現在大きな病院は紹介状が必要な場合がほとんどです。

一般の歯科医院を受診し、状態を見てもらってから紹介状をもって受診することをお
勧めします!




立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

開院1周年


こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

週末は雨の予報のようです。
お出かけの予定の人は
天気予報にご注意ください!


さて
本日11月1日は
当院開院1周年になります!

皆様の支えがあり、少しずつですが、成長できている実感があります!

まだまだ、これからもより一層研鑽に努めてまいりますのでよろしくお願いいたしま
す。

そこで、この節目の日に
モバイルサイトを立ち上げました!!!!

いままでのHPはスマホなどで見ると
非常にみにくく、ご迷惑をおかけしていたので
今回、スマホから電話もかけれて、
アポイントシステムにもリンクしているサイトを作りました。

道案内なども、地図アプリと連携しておりますので
初めて来院される方にも分かりやすいサイトになっていると思います。

ぜひご覧ください!!



そして、新しいサイトのオープンを記念して
意外に要望が多かった
「馬好きな理由」を大公開しちゃいます!!

以前の記事はこちら
http://ameblo.jp/tachikawadental/entry-11936610853.html



僕がなぜ、馬が好きなのか
書いてありますので

ぜひ読んでみて下さいね!!




2年目に突入した
立川デンタルクリニックすずきを
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!






口に中の出来物


こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

最近、寒いですね!
朝晩の冷え込みは冬の気配を感じますね!

僕の実家、函館では霙(みぞれ)が降ったみたいです。
もう冬ですね!(笑)

さて、今日は口の中に出来た出来物の話をしたいと思います。

一番頻度が多いのは
粘液貯留嚢胞といわれるものです。

頬や、唇にドーム状の柔らかいふくらみ、
ニキビのような感じの物が出来る事があります。

そのまま放置すると勝手に潰れて治ることが多いのですが、
たまに、そのまま大きくなり続けることがあります。

これの原因は唾液腺!

口の中には、唾液を分泌するための唾液腺が多数存在します。
その唾液腺の出口が何らかの原因で詰まってしまうと
唾液が外に出ることが出来ず、嚢胞ができます。

この出来物は中身は唾液なので、勝手に潰れて中身が出てくれば何の問題もありませ
ん。

しかし、潰れずにどんどん大きくなるようなら、その原因の唾液腺を除去するという
処置をしなくてはなりません。

2〜3日様子を見て大きくなるようだったら、歯科医院へ受診することをお勧めしま
す。

明日は、それ以外の出来物についてお話ししますね!






立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/


一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

口の中の粘膜の話



こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

口の中の病気の話をしていたら、
僕が口唇ヘルペスが出来てしまいました…

体調を崩さないようにって皆さんに言ってたのに(笑)


食事のバランスと、睡眠時間の確保に努めます(笑)


さて、今日は痛くない口の中の病気の話。


実はこれ、あまりいい病気ではないです…
(病気に良いも悪いも無いかもしれませんが…)

痛みというものは
身体が何か変だよ〜って教えてくれるサインなんですね!

そのサインがないのに病気になっている…


ちょっと怖いですよね。



最初は
舌が白い!


これは
舌に汚れが溜まって出来た舌苔というものが付着している可能性があります。

この場合はただの掃除不足なので、舌のお掃除をすれば取れます。

今は薬局などでも舌専用のブラシなどもありますので
活用してください!

あまり強くやると舌が荒れることがありますので気を付けてくださいね!


この舌苔
多く付着していると口臭の原因などにもなります。

タバコを吸う方、鼻で呼吸せずに口で呼吸してしまう方などに付着しやすいもので
す。

こまめにチェックしましょう!


そして、もう一つ
口腔カンジダの場合もあります。

これは比較的簡単に取れるのですが
取った後に少し出血したり
ヒリヒリしたりします。

また放置すると口の中全体に広がる場合もあります。

この場合は歯科医院へ受診することをお勧めします。


最後に
口内炎のような出来物があるのに
全く痛くない。

触るとすぐ出血するが、痛みはほとんどない

周りがすごく固い

この場合は
様子を見ることをせずにすぐに受診してください!


痛くない口内炎
これはあまりいい病気ではなりません。

早めに受診することをお勧めします!


次回は粘膜に出来た痛くない物についてお話しします!





立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

口内炎の話2



こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

10月も終わりましたね…

11月といえば!

色々企画していますので
発表を楽しみにしていてください!



さて、今日は昨日の続き
口内炎の話です。

今日は感染症が原因で出来た口内炎の話をします。

口の周りに出来る感染症といえば
ヘルペスが有名ですね!

唇にできる口唇ヘルペスと
口の中に出来るヘルペスもあります。

同じようにして、帯状疱疹も口の中に出来る事があります。

これらの口内炎は最初小さい口内炎が沢山あり
それらが繋がって大きくなるというものです。

接触痛がかなり大きく、痛いというイメージが強いですね!

他の原因として
手足口病
麻疹(はしか)
カンジダ
梅毒
淋病
クラミジア

などの可能性があります。


これらの口内炎の場合
一般の口内炎の薬を塗ると悪化することが多いです。


普段とは違う
何かおかしいと思ったら
自己判断せずに受診することをお勧めします。


次回は痛くない口の中の粘膜の病気についてお話しします!


10月31日




立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

口内炎のお話し



こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

最近朝晩冷えますね
体調管理には十分気を付けてください!



今日からは口の中の粘膜の病気シリーズ!

第一弾は最もポピュラーな口内炎(アフタ性口内炎)です。


口内炎ってなぜできるの?

原因はいくつかありますが、
一つは、外傷
つまり怪我ですね!

間違って頬を咬んでしまった。
酔っぱらってしゃべってたら、舌を咬んでしまった。

転んで顔をぶつけたら口の中が切れた…

そんな経験もおありかと思います。

その時通常ではその怪我の部分がそのまま治っていくのですが、何らかの原因で潰瘍
になってしまうとそれが口内炎です。

治療で麻酔の注射をしたら、そこが口内炎になった。
というのも、同じ原理です。

次に、何もしなくても、気が付いたら出来ていた。
このような事もあります。


主な原因は
ビタミンB不足
ストレスや睡眠不足
口腔乾燥
口腔清掃不良

などです。

この、アフタ性口内炎は細菌やウイルスの感染が原因ではないので、そのうち治りま
す。

でも、当たると痛い つまり接触痛が多く出ます。

しゃべれない、食べれない、飲み込めない
等の症状が出る場合があります。

そのような場合の処置として
軟膏を塗る
パッチを貼る
レーザーで焼く
などの処置を行います。

基本的には身体のバランスが崩れているサインと思って
食生活を正したり、休息時間を取ったり
必要であればビタミン剤などを服用してもいいと思います。


予防策は残念ながら「これ」というものは無いのですが、
規則正しい生活をして、口の中を清潔に保つという事でしょうか?

このように体のバランスを整えてもすぐに口内炎が出来てしまう。という場合は再発
性口内炎なども考えられますので、受診をお勧めします。


唇の端が切れてしまう口角炎も同じです。
身体のバランスが崩れると起きやすいので、バロメーターの一つにしてください!



気を付けてもらいたいのは、
普段あまり出来ない場所に出来た口内炎
白く大きな口内炎があるのに、触っても当たってもいたくない…

このような場合は、自分で判断せずに受診することをお勧めします。


細菌感染やウイルス感染が原因で出来た口内炎を、市販の口内炎の軟膏で対応しよう
とすると悪化します。


なかなか分かりにくい違いなので、歯科医院で判断してもらう方がいいと思います。

次回は感染が原因の口内炎についてお話しします。


立川デンタルクリニックすずきは
皆さんが行きたいと思える歯科医院になるために
1歩づつ進んでいきます。
すぐには完璧な医院は出来ませんが
目標を明確に、スタッフ一同
努力、研鑽を重ねていきます。

これからもよろしくお願いいたします。


立川駅 南口徒歩5分の歯科医院
立川デンタルクリニックすずき
〒190-0022 東京都立川市錦町2-2-31
Tel 042-512-5666 Fax 042-512-5770
Site http://tachikawashika.com/ Mail info@tdcsuzuki.jp

一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科
ホワイトニング、スポーツマウスガード
入れ歯治療、インプラント治療、各種保険取扱い
キッズスペース、提携駐車場あり

立川駅 徒歩5分の歯科医院「立川デンタルクリニックすずき」
一般歯科 むし歯の治療 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科(歯列矯正) インビザライン矯正 マウスピース矯正 ホワイトニング ガムピーリング(歯肉美白) スポーツマウスガード 入れ歯治療 インプラント治療 各種保険取扱い キッズスペース 提携駐車場あり

電話 042-512-5666

月〜金 午前の部10:00〜13:30 午後の部15:00〜20:00 夜間診療対応
毎週木曜日は21:00まで夜間診療を延長しております 

土、日 10:00〜18:00 (土日は昼休み無しで診療)

休診日 火曜日、祝日

東京都立川市 八王子 多摩エリアの歯科医・歯医者

 

▲ ページTOPへ戻る