creditcard_visa.jpg見えない歯列矯正「インビザライン立川」 creditcard_master.jpgcreditcard_jcb.jpgcreditcard_amex.jpgcreditcard_uc.jpgcreditcard_dc.jpg

小児歯科の治療方針

乳歯が虫歯になっても生え変わるからいいじゃないか。
どうせ、子供の歯でしょ。

確かにそのとおりです。
乳歯は生え変わり、使わなくなる歯です。

 

では、なぜ乳歯が虫歯になるといけないのでしょうか?

  • 永久歯(大人の歯)の発育に悪い影響を与える場合があります
  • 生え変わり後の歯並びに悪い影響を与える可能性があります
  • 虫歯になりやすい人になる場合があります


それぞれ詳しく説明していきます。

乳歯の下には永久歯があります。
乳歯が虫歯になり、神経の治療が必要な位まで放置してしまうと根の先の細菌が永久歯に悪影響を与え、永久歯がしっかりとした歯の形にならないことがあります。
このような永久歯は、正常な歯に比べて、虫歯に対する抵抗力や咬むことによるすり減りなども弱く寿命が短い傾向にあります。

乳歯が神経まで到達する虫歯になっていると、乳歯の根の吸収が成長よりも早くなる事があります。
また、根の先に細菌の巣、膿の塊が出来ると、そこを避けるように永久歯が出てくるため、歯並びが悪くなることがあります。

人間は6歳までに口の中の細菌のバランスが決まるといわれています。
口の中ですので、全くの無菌状態というのは不可能です。
虫歯や、歯周病の原因菌とそうでない菌のバランス虫歯菌や歯周病菌が多いバランスになってしまうと、大人になってからも虫歯になりやすい。人よりもしっかり磨いているのに、虫歯や歯周病を予防しにくい環境になってしまいます。

このような理由から、子供の時、就学前の虫歯予防は非常に重要です。

親が子供にしてあげられる事はいろいろあると思います。
育児環境、教育、躾、子育ての仕方、考え方は様々だと思いますが、
虫歯になりにくい、歯周病になりにくい環境を作ってあげることは、万人に共通して非常に大切な事だと思います。


現在は色々な情報で、子供の虫歯のリスクを理解している保護者の方が増えてきていますが、まだまだ十分とは言えない状況です。

少しでも、皆さんの理解につながればと思います。

 

posted by 土曜日曜診療の立川デンタルクリニックすずき 小児歯科 at 13:34| 小児歯科(立川の幼児歯科 歯医者)

立川駅 徒歩5分の歯科医院「立川デンタルクリニックすずき」
一般歯科 むし歯の治療 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科(歯列矯正) インビザライン矯正 マウスピース矯正 ホワイトニング ガムピーリング(歯肉美白) スポーツマウスガード 入れ歯治療 インプラント治療 各種保険取扱い キッズスペース 提携駐車場あり

電話 042-512-5666

月〜金 午前の部10:00〜13:30 午後の部15:00〜20:00 夜間診療対応
毎週木曜日は21:00まで夜間診療を延長しております 

土、日 10:00〜18:00 (土日は昼休み無しで診療)

休診日 火曜日、祝日

東京都立川市 八王子 多摩エリアの歯科医・歯医者

 

▲ ページTOPへ戻る